Razer Huntsman Mini では Synapse 3 を利用して、Fn キーのコンビネーションをカスタマイズすることが可能です(Hypershift)。しかし、Hypershift では、デフォルトで割り当てされていないキーを対象としており、デフォルトで割り当てされているキーについては上書きすることができません。

Fn+Hにはバックライト+が設定されていて、割り当てできない

しかし、設定ファイルを書き換えることにより、デフォルトで割り当てられているキーについても無理矢理上書きすることが可能です。

公式の手順外の操作を行うため、すべて自己責任でお願いします。

概要

  • プロファイルのエクスポート機能を利用することで、プロファイルを保存する事が可能です。
  • プロファイルは zip 形式で圧縮されており、展開すると xml ファイルに設定が記載されています。
  • この xml ファイルを書き換え、プロファイルをインポートすることで、Hypershift で割り当てできないキーについても割り当てすることが可能です。

手順

ここでは、Fn+H Fn+J Fn+K Fn+L に対し、それぞれ を割り当てる手順を示します。

  1. Synapse にて、カスタマイズを一切行っていないプロファイル「Default」を作成します。

    Defaultのカスタマイズ

  2. カスタマイズを行うプロファイル「Custom」を作成し、Hypershift に割り当てたい機能を、Hypershift ではなく標準キーに割り当てます。

    Customのカスタマイズ

  3. プロファイルのエクスポート機能より、手順 1,2 で作成した Custom Default にチェックをいれ、エクスポートを行います。

    エクスポートするプロファイル

  4. エクスポートしたプロファイルに拡張子 .zip を付与し、展開します。 Features フォルダ配下に、UUID 形式のフォルダが 2 つ存在しますが、 Default Custom プロファイルに相当します。 また、 Profiles/<UUID>.xml ファイルを開くと、 Name タグにプロファイル名が記載されています。これにより UUID とプロファイルを紐付けることが可能です。

  5. Custom プロファイルの Features/<Custom Profile UUID>/762555eb-82f2-4fa6-9741-e009d579f188.xml ファイルを開き、標準の H の設定に対応する Mapping タグを探します。

    探すときは Default プロファイルとの差分を取るとわかりやすいです。見つけたら、 IsDefault KeyGroup タグをコピーします。

    Default, Custom の Diff(標準の設定箇所)

  6. 同じファイルにて、Hypershift の H の設定に対応する Mapping タグを探します。

    標準のカスタマイズと違い、 IsHyperShift タグが true になっています。見つけたら、 IsDefault KeyGroup タグをペーストします。

    Default, Custom の Diff(Hypershiftの設定箇所)

  7. J K L の定義についても同様に設定します。

  8. 展開したファイルのディレクトリ構造を保つように、zip 形式に圧縮します。zip ファイル直下が単一フォルダーにならないように注意してください。

    zipファイルの圧縮例

  9. 手順 7 で作成した zip ファイルの拡張子を synapse3 に変更し、Sypnase にて、プロファイル Custom をインポートします。

    インポートするプロファイル

  10. プロファイル Custom を確認すると、Hypershift に割り当てられたことが確認できます。標準キーについては GUI 上で元に戻せば完了です。

    Customのカスタマイズ(設定後)

その他の方法

Microsoft PowerToys

Microsoft PowerToysにて、ショートカットをリマップすることが可能です。 Fn キーをリマップすることはできませんが、Synapse にて、 Fn キーを Left CtrlLeft CtrlRight Ctrl に変更し、PowerToys 上で Left Ctrl のショートカットキーを設定すると同様のことが可能です。